シネマフィン*映画のだべり.

HOME ADMIN 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- --/-- 

ナルニア国物語 第1章

ナルニア国みてきたー!ネタバレアリ!

正直、期待しすぎたーッ…!(爆)
久々の映画で久々の息抜きだったのでなおさら…(凹)

アクマデわたくしの感想ですが…(>ε<;
原作読んでる方がおもしろいんじゃないのかなこれはー
とか思っちゃったりして。(毒)
…なんて、原作は未読なのでなんとも言えませんケドー…も

もっと随所随所に見処と言うか、盛り上がりシーンがあるのかなと思ってました。うーん。最終的な戦のシーンに向けて、ただ淡々と話が進んで行ってたなーなんて、なんだかちょっと物足りなし自分的には。(´ε`)

4人の子役さんたちも、選ばれしどこそこの家庭のコですよ…みたいな。(ゴールドチケット当たっちゃったよ…みたいな・誤)そんな関係かと思いきや、あっさり4人兄妹でしたんね。これはこれで家族愛/兄妹愛の良きテーマですケドモ。

にしても、あなたたち、成長しすぎ。
↑ここはネ、つっこまずにはいられないでしょ?

ファンタジーならではの空想上の生き物が実際に映像となることは、いつもながらもものすごくワクワクしながら見入っちゃいます!が、どーしても細かい部分に目が行っちゃって…(*Д*)

映像も迫力あるしおもしろいし…うーん…でもやっぱりなんだかなぁ?。ナルニアの世界感も生き物も観ていてすごいなぁとは思うんだけど、“作られている“感がなんとなーくわかるといいましょうか…ここはコンピュータグラフィックス映像ですよ、ここは合成シーンですよ、ってのがなんだかよくわかっちゃう、そんな肥えゆく自分の目が憎いです(TへT)

もっとじっくり悪キャラたちの動きもみたかったなーとも思います。いろんなクリーチャー(っていうの?)をデザインされてるのに、正直いっぱい群がっててよくわからなかった(苦笑w)

とにもかくにも、冬の女王さまだけがインパクト大です。
(さすがガブリエル★ by.コンスタンティ?ン)

あんまり綴るとますますマイナス方面行きそうなのでここまでネ。(苦)
2006 03/04 COMMENT:0 
 

Skin:Babyish
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。